本気なら家庭教師。
家庭教師ならena家庭教師センターにお任せください。

講師ブログ

家庭教師登録 応募フォームはこちら

個人情報の取り扱いについて

ena
inter-edu
ena新セミ
ena新美

資料請求・お問い合わせ

新着情報

家庭教師 春の4回体験コース(2018年3月10日)

入会金(20,000円)無料 春だけの家庭教師

「家庭教師を検討しているけど続けられるか不安」
「春休みの期間だけ家庭教師をつけたい」
そういったご要望にお応えするために、ena家庭教師センターでは「春の4回体験コース」を実施しています。ena家庭教師センターは、教師の質ではどこにも負けないという自負があります。 是非、「春の4回体験コース」でわかる!解ける!を実感してください。

授業内容例

小学生 私立中受験 算数特訓・国語読解演習 2時間×4回
小学生 都立中受験 作文特訓・理系問題演習 2時間×4回
中学生 中高一貫生 学校課題対策 2時間×4回
高校生 大学受験生 苦手教科克服特訓 2時間×4回

※上記は一例です。例にないご要望にも対応しております。

要項

日程 3/26~4/12
指導形態 1対1のマンツーマン指導
指導場所 ご自宅 または 国立の教室
料金例 スタンダード     2時間×4回 33,000円
プロフェッショナル    2時間×4回 55,000円
プレミアム      2時間×4回 60,000円

※料金は税抜きです。別途消費税がかかります。
※別途講師の交通費実費を頂戴します。

 0120-874-121

ena-KC難関大(2018年3月9日)

ena-KC(家庭教師センター)難関大とは

ena‐KC難関大は、ena家庭教師センターの難関大学受験専門ブランドです。ena‐KC難関大では、志望校の入試傾向・受験方法に合わせた学習プランを提案するとともに、苦手科目の克服指導も行い、受験生を合格へと導きます。

ena-KC中高一貫(2018年2月23日)

ena-KC中高一貫とは

ena‐KC中高一貫校とは、ena家庭教師センターの、難関中高一貫校に通っている生徒対象の専門ブランドです。これまで数多くの中高一貫校生の指導を手掛けてきたena家庭教師センターが、そのノウハウを生かして中高一貫校生を目標達成に導きます。

中高一貫校生の悩みを解決します

難易度の高いカリキュラム

中高一貫校のカリキュラムは、公立の学校よりもはるかに速いスピードで進む場合がほとんどです。多くの中高一貫校では、中学2年生~3年生の前半までに学習指導要領における中学校の課程を修了し、高校生の課程に入ります。また、トレジャー・プログレス・体系数学などのハイレベルな教科書や、学校の先生が作ったオリジナルプリントをもとに授業が進められることも多いです。このように、スピードが速く難易度の高い授業がおこなわれるため、一度後れを取ってしまうとそれを取り戻すことは容易ではありません。苦手科目ができて、わからないことが雪だるま式にふくらむと、勉強するモチベーションも落ちてしまいます。その結果、わからないことがあるのに全然勉強しないという状態に陥ってしまうのです。

家庭教師という選択

ena家庭教師センターにも、学校の授業についていけないという悩みを抱えた中高一貫校生から相談をいただきます。集団指導の塾の場合、基本的に高校受験を目指すための授業なので、中高一貫校と進度が合わないことが多いようです。学校の進度や現在の理解度に応じてカリキュラムを作成できる、マンツーマンの家庭教師指導が中高一貫校対策としては最適です。また、『通学時間が長いうえに部活をやっているので塾に通う時間がとれない』という中高一貫校生も多いのですが、家庭教師であれば通塾時間を省いて効率よく勉強することができます。

タイプ別指導法

進学校タイプ

上位の進学校は授業のレベル・進度とも高く、高校2年生までに単元学習を終えて、高校3年生では総合演習・大学受験対策授業になる場合がほとんどです。このような授業内容ですから、一度後れを取ると後から取り戻すことは困難です。ena家庭教師センターでは、男女御三家等の最難関の中高一貫校に在籍して、自身が学校のシステムを熟知している講師が多数在籍しており、中高一貫生の指導で高い成果を上げています。

主な進学校生指導実績

開成・麻布・武蔵・駒場東邦・桜蔭・女子学院・雙葉・海城・渋谷教育学園幕張・渋谷教育学園渋谷・市川・芝・攻玉社・城北・巣鴨・世田谷学園・桐朋・江戸川取手・本郷・暁星・浦和明の星女子・吉祥女子・鴎友学園女子・豊島岡女子

大学附属校タイプ

大学附属校といっても、入学したからといって全員が系列大学に進学できるなどという学校はほとんどありません。仮に95%以上の進学率を謳っている学校でも、希望の学部に入るには内部の生徒同士で受験勉強以上に熾烈な競争が展開されるのが現実です。また、高1~高2、高2~高3への進級の際に厳しい内部審査が行われ、実際に留年が決定する生徒も数多く存在するのが現実です。ena家庭教師センターでは、内部進学に必要とされる条件を熟知したうえで、希望の学部に引き上げる力をもった講師が多数在籍しています。

主な附属校生指導実績

青山学院・慶應義塾(日吉・女子・SFC・志木)・中央大附属・日本女子大附属・日大豊山女子・日大豊山・日大一・日大日吉・法政大学・法政第二・明大中野・明大中野八王子・明大明治・立教(池袋・新座・女学院)・香蘭・早稲田(高等学院・実業)・春日部共栄・共立女子第二・創価

※上記以外の学校にも対応しておりますのでご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ
0120-874-121

 

ena-KC御三家(2018年2月9日)

ena-KC御三家とは

ena-KC御三家は、ena家庭教師センターの難関私国立中受験専門ブランドです。ena家庭教師センターは、前身のアサヒ進学指導センター時代から難関私立中受験を最も得意としており、経験豊富なプロ講師の指導で、御三家をはじめとした数多くの難関中へ合格者を輩出してきました。20年間に渡って蓄積されたノウハウと、確かな合格実績をもつ真のプロ講師の指導で、受験生を第一志望校合格へと導きます。難関中受験はena-KC御三家にお任せください。

お申し込み・お問い合わせ
0120-874-121

 

 

ena-KC都立中(2018年2月2日)

ena-KC都立中とは

ena-KC都立中は、ena家庭教師センターの都立中受検専門ブランドです。2014年度都立中入試において、enaグループでは総勢576名(2014年3月3日現在; 区立九段中含む)の都立中合格者を輩出しました。 ena-KC都立中では、都立中合格実績No.1のenaのノウハウ(指導法・カリキュラム・教材・模試など)を家庭教師指導・個人指導に生かして、都立中志望者を合格へと導きます。

 

都立中入試の特徴

2005年に白鷗高附属中が開校して以来、受検生が増え続けた都立中(区立九段中含む)は、2010年に都内11校が開校し、約10,000人の受検生が集うまでになりました。現在、都立中は7人に1人しか受からない大変な難関です。

適性検査の概要

都立中の入学者選抜は、報告書点と適性検査の得点から算出される総合得点に基づいておこなわれます。都立中適性検査は、身の回りの事象や社会問題等を題材にして、文章や図等で表現する問題が中心です。単純な知識のみで解ける問題はほとんど出題されません。総合的な思考力・分析力・発想力・表現力を養うことが合格のためのポイントです。

適性検査の内容

①理系
単純な解法パターン暗記では対応できない問題が多いのが特徴です。試行錯誤しながら規則性を見つける問題、条件を整理して分析する問題、平面図形や立体図形に関する問題などが頻出です。答えに至る過程を自分の言葉で表現させる場合も多く、論理的な思考力と文章力も求められます。理科の実験・観察・調査に関する問題も多く出題されます。身の回りの現象を科学的な視点でとらえられているかどうかが問われます。

②文系
資料の読み取り問題が圧倒的に多くなっています。特に、人口動向や、世界の国々との関係等、現在社会問題として取り上げられていることが題材にされます。世界の人々とのコミュニケーションを意識した問題も多く、国際感覚を身につけさせたいという意図が見てとれます。

③企画立案型
学級会、ボランティア活動、その他課外活動を題材にして、「あなたならどう運営するか?どういう企画を立てるか?」といったことを問う問題も頻出です。自分の経験をもとに考えることがポイントです。

④作文
ほとんどの場合、課題文が提示されます。「課題文を読んだうえで、作者の考えについてどう思うか書きなさい」といった設問が定番です。自分の体験をもとに書くことが多くなっています。まずは、原稿用紙の使い方や正しい言葉遣い、漢字など、形式を守って書くことが大事です。そのうえで、読みやすい構成で自分の意見を明確に述べることができれば、高得点が期待できます。

ena-KC都立中の適性検査対策

都立中合格実績ナンバー1、enaグループのカリキュラム・教材・模試を使って、1対1の個人指導で授業を進めます。記述式の問題が多く出題される都立中適性検査において、きめ細かい添削指導は必要不可欠です。ena家庭教師センターのマンツーマン授業なら、答案を丁寧に添削したうえで、合格するために必要なことをピンポイントでアドバイスすることができます。

記述力を高める指導サイクル

ena家庭教師センターには、都立中適性検査で必要とされる記述力を高めるためのメソッドがあります。オリジナル教材「パースペクティブ」を使って、適性検査を解くための土台を作り、入試直前期は過去問演習を通じて実戦力をつけます。

enaオリジナル教材「パースペクティブ」

enaグループが総力を結集して作ったオリジナル教材「パースペクティブ」を使って授業を進めます。「パースペクティブ」は、都立中適性検査対策に特化するために、都立中適性検査問題や、その類題のみで構成されており、単元学習と志望校別学習が同時におこなえるよう工夫されています。都立中を目指すのであれば、テキストは「パースペクティブ」が最善の選択です。

充実のサポート体制

ena-KC都立中では、授業以外の側面でも都立中受検生をサポートしています。

①経験豊富な教務アドバイザー
入試について経験豊富な教務アドバイザーが、定期的にお電話や面談で受検生やご家庭をサポートします。受検校選び、私立中との併願、勉強法、生活習慣など、様々な側面から最適なアドバイスをおこないます。

②都立中に特化した模擬試験
enaグループでは、都立中に特化した模擬試験をおこなっています。2011年からena主催で実施されている「都立中合判」「都立中そっくり模試」は、その受検者数と判定の正確さで、公立中高一貫校系の模試においてスタンダードの地位を確立しています。ena家庭教師センターの生徒は、これらのenaグループの模擬試験を割引料金で受けることができます。

③上質な受検情報の提供 
定期的に実施されるenaの都立中入試講演会では、各都立中の校長・副校長先生や、enaの入試担当責任者が登壇します。そこで語られる学校の情報や入試分析は、他では決して聞くことができない貴重なものです。ena家庭教師センター会員のご家庭には、これらの講演会を一般告知に先駆けてお知らせいたします。また、enaグループ発行の入試情報誌等も入手することができます。

 

お申し込み・お問い合わせ

0120-874-121